読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本画の杜 第九章 「早春の窓辺」 2017・2

   第九章 「早春の窓辺」

  

        f:id:nihonganomori:20170218190703j:plain

                                           「早春の窓辺」 8F

 

 

 

 

 

 二月は雪の降る日が多い。北海道育ちの前本は雪の上でも アイスバーンでも平気で歩く。私はこのひと月程は 玄関の前の道へ出るのが精一杯だ。 勿論車の運転などもってのほかである。

 庭にご飯を食べにくる鹿達をながめたり つららの成長を楽しみに過ごしていた。

 

 

 

     f:id:nihonganomori:20170218191812j:plain

 

 

 

 

 

 

       f:id:nihonganomori:20170218192108j:plain

 

 

 

 雪に閉じ込められてどこにもゆけないのは悪くない。静かで綺麗だ。ストーブの燃える音 湯たんぽで温めた寝床 なんという安息。そして何より嬉しい事に ゆっくりと画集を見る落ち着いた時間がある。幼い頃 応接間に絵本を持って忍び込み 一人で表紙を開く時とそっくり同じだ。これから私の前にこれ以上無いほど美しい世界が展開するのだ。美術館へ足を踏み入れる時 教会の荘厳な世界へ入ってゆくのと同じ気持ちになる。画集を開く時もそれに似た神聖な救いを感じる。何もかも忘れる。

 

 素晴らしい音楽 素晴らしい絵画 芸術の力の偉大さ。古今東西の優れた芸術家の作品 それは作家の願いの結集である。願う事で芸術は生まれる。美を創りたいとただそれだけを願った作家の純粋な思いの結集。敬愛してやまない作家達。作品。

 

 

 

 

速水御舟

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218195030j:plain

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218195230j:plain

 

 

f:id:nihonganomori:20170218195330j:plain

 

f:id:nihonganomori:20170218195412j:plain

 

f:id:nihonganomori:20170218195449j:plain

 

          

       f:id:nihonganomori:20170218195532j:plain

 

 

 

 

 

小林古径

 

 

 

   f:id:nihonganomori:20170218195712j:plain

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218195812j:plain

 

 

f:id:nihonganomori:20170218195935j:plain

 

 

f:id:nihonganomori:20170218200100j:plain

 

 

 

 

 

 

安田靫彦

 

 

 

 

   f:id:nihonganomori:20170218200315j:plain

 

 

 

 

   

    f:id:nihonganomori:20170218200409j:plain

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218200543j:plain

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218200624j:plain

 

 

 

 

 

 

奥村土牛

 

 

 

 

  f:id:nihonganomori:20170218201144j:plain

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218201322j:plain

 

 

 

 

 

      f:id:nihonganomori:20170218201412j:plain

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218201638j:plain

 

 

 

 

 

 

    f:id:nihonganomori:20170218201735j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218201821j:plain

 

 

 

 

 

 

 

山本丘人

 

 

 

 

 

    f:id:nihonganomori:20170218202148j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218202120j:plain

 

 

 

 

 

 

中川一政

 

 

 

 

   f:id:nihonganomori:20170218202407j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218202540j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170218202647j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 早春の花 椿の名作 重く 深く 素晴らしく 美しく 普遍の美が確かに存在している嬉しさ 言葉を失い 息を呑むばかりである。

 

 

 

 

 

 

 そして最後に恩師 加山又造の椿 これらは 本画ではない 墨の使い方を

教えて下さる為にお描き下さった

 

   f:id:nihonganomori:20170219192236j:plain

 

 

    紅い椿と白い椿

    葉と枝の質感の違いを捉える事 椿の葉の特徴 可愛い芽の感じ など

  

 

  

    f:id:nihonganomori:20170219192333j:plain

 

 

     白玉椿の侘びた趣きを捉えること これから少しずつ開いてゆく

     花びらの気配を描くこと 柔らかい乳白色の花を 墨で表現するには

     どうしたらいいのか まず全てを よくよく見ること どう見たかを

     正直に描くこと どう描きたいのか 願うこと

     その願いを叶える為に 力を尽くしなさい

 

 

                  f:id:nihonganomori:20170219194659j:plain

 

           

       加山先生の芸大在学中 教授は 前田青邨 小林古径 安田靫彦

      助教授が 奥村土牛 山本丘人 であった。

       これは バッハ ベートーヴェン モーツァルトが教授で 

      シューベルト ショパン助教授というような 

      もしくは セザンヌ マティス ゴッホが教授で モディリアーニ 

      クレー が助教授 とにかく物凄い事である。

      

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20170219200106j:plain

 

 

 

 春は名のみというけれど 空はずいぶん春めいて やはらかな雲に向かった枝先は

ほんのりと紅が差してきた。

 

 

 

 

 

 

 

          🌼