第十八章 「前本利彦の人物画 No.2 」 2018.1

f:id:nihonganomori:20180118191837j:plain

 

新年の八ヶ岳は例年より遥かに寒かった。よく晴れた日は寒さが一段と厳しい。スカートしか持っていない私がついにズボンで過ごさなくては居られなくなった。不本意極まりないが背に腹は代えられぬ。どなたにもご覧にいれたくない姿で新しい年を迎えた。

 

 

 

              f:id:nihonganomori:20180118192518j:plain

                猫のひげも凍るような朝。窓外の冬木立も凍る。

 

 

 

  f:id:nihonganomori:20180118192911j:plain

                                昼の月

 

 

    f:id:nihonganomori:20180118193121j:plain

     薄桃色の雲

 

             冬景色は無駄のない美しさである。

 

 

 

 

さて 前回に続き前本利彦の人物画についてである。何故か私はこのテーマから逃れようとしている。それが何故か 分からないのである。私にとって心底気の重いテーマなのだ。私は過ぎ去った事を振り返らない質である。そうは言っても 懐かしく思い出すとこが全く無い訳ではない。しかし 人物画に関してはそういった甘い思い出が一切無い。前本が人物を描いていた頃 それは私たちにとって極めて苦渋に満ちた時代であった。早い話 思い出したくないのである。

 

だからといって 前本の作品を語る上で人物を抜きにすることは不可能である。いつまでもぐずぐず言っていることも出来ない。自他共に明るい私が みるみるふさぎ込んでしまうだけの深い闇を孕んだ人物画について語ることにしよう。

 

 

 

 

          f:id:nihonganomori:20180118200211j:plain

三十代後半の前本 この青年が常に興味を抱いてきたモチーフが人物である。

日本画の花鳥風月に興味はなかった。そもそも 何故美大日本画科を選んだかといえば デザイン科志望だった高校三年の後半 彼はファインアートに転向しようと思った美大を受験するための研究所で付き合っていた油絵志望の友達に刺激を受けたのがその理由である。しかし受験まで半年余りで油彩科の受験に必要な石膏デッサンを勉強する事が難しく デザイン科と同様の鉛筆デッサンと水彩で受験出来る日本画科を受けることにしたのである。この様な余りにもお軽い理由で日本画科に入学した事は非常に前本らしい と私は思う。この人は いつも情緒に流れ 「なんとなく」といった理由で様々な事を決めてきた。はっきりとしたことは何も無い。いつも茫洋としているのである。

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20180119191311j:plain

                               「翼」1990年

 

若描きではないが 冒頭の作品にこれを選んだのは一番前本らしい作品だからである。

この作品に寄せて前本は次のように書いている。

 

『「ベルリン天使の詩」という映画を観ていて翼を描いてみたいと思った。「翼」の役割については観る人のイメージに委ねる。ヴェンダースはこの映画を 小津 トリュフォー タルコフスキーに捧げている。ヴェンダースを含めて想像力を啓発される作家ばかりである。』

 

貧しい青春時代私たちは映画ばかり観ていた。テレビもなくお金もなく頼るものもなく

しかしそれは全て自分たちの選んだ道の途中であることを充分承知していたのであるから やるせなかった。映画の中に逃げ込んでいたかった。ベルイマン ヴィスコンティ フェリーニ ・・・  深夜の自由が丘 横浜・・・なんと寂しい思い出であることか。

 

前本にとってはどうだったのか。楽しい思い出なのか。前本は 劇団に入って役者になろうかと思った時期もある。根っから現実味のない人である。結局 日本画の道をゆくことになったのだが芝居も日本画も不安定な点で大差はない。そんな性分が変わることは生涯無いと 私は断言する。

 

何故 花鳥風月ではなく人物を描こうと思ったのか。自らの内面を語りたかったのが大きな理由である。当時 花の綺麗さ 山の美しさに興味はなかった。そんなものを愛でている場合ではなかったのだ。心の中に鬱積してゆく曖昧な闇 それを描くことでしか表に出すことが出来なかった寡黙で内気な青年の 混沌とした日々を彷彿とさせる人物画の数々は私をふさぎ込ませるには充分過ぎる。陰鬱な青春。

 

 

 

 

    f:id:nihonganomori:20180119201606j:plain           

                   「目を閉じた四つの肖像Ⅰ」 1961年

 

これは前本34歳の 所謂若描きと言ってよい作品である。銀座の画廊で開催された個展で発表した四部作の内の一点だ。髪を灰色にしたり 肌を実際の色にしていないのは

これは人物像ではなく自らの内面を描いたものである事を示す為であろう。画廊主には白髪の女など描いてどうすると酷評された。画商にとって 商売にならない絵は価値が無い。人物画は売れない。青年の胸の内を語った絵を家に飾る人は居ない。

阿修羅像を思わせる肌 グレィの髪 小刀で切り出したような鋭い線 神経質な指先

どれを取ってもこの人物像は 前本の内面以外の何ものでも無い。このポーズを取って目を閉じると前本の心の中に入ってゆく。

 

                                            

 

   

    f:id:nihonganomori:20180120200716j:plain

                             「窓」1984

 

38歳の時 画廊の主催する展覧会で受賞した作品。背景には葉山の海を選んだ。海の好きな私にとっては懐かしい光景である。前本は映画を撮るように作品を創る。映画の情景を表現するように描いている。人物は登場人物であり 前本の分身である。 自分の内面を語らせているのだ。はっきりとポーズを指定する。私はどのポーズにも音が無い

と感じた。

 

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20180120204549j:plain

                              「渚」 1985年

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20180122202250j:plain

                                                                                          「女人浮遊図」

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20180122202457j:plain

                                   「蓮玉図」

 

 

 

    f:id:nihonganomori:20180120205044j:plain

                                「胡蝶蘭

 

 

 

 

 

   f:id:nihonganomori:20180120205202j:plain

                              「二人」

 

 

 

 

   f:id:nihonganomori:20180120205130j:plain

                              「黒と朱」

 

 

 

どの作品も前本の撮った映画のワンシーンである。登場人物に代弁させた前本の心象風景を 思い描きながら鑑賞してほしい。結局 前本の描くものは 自画像なのである。

 

 

 

 

 

 

   f:id:nihonganomori:20180120204942j:plain

  

 

マンリー美術館で開催された 「日本の心」と題された展覧会のポスターである。数十人程の出品者の中から選ばれて前本の作品が使われた。題字は土牛の筆によるものだ。この時は大変嬉しかった。

 

 

 

 

この数年前本は人物を描いて居ない。人物を描く機会が再び訪れる事があるのだろうか

八ヶ岳の冬景色は そんな事は考えなくてもよいと言っている。

 

 

 

 

f:id:nihonganomori:20180120210842j:plain

 

 

 

f:id:nihonganomori:20180120211158j:plain

 

 

 

f:id:nihonganomori:20180120211231j:plain

  

 

 

f:id:nihonganomori:20180120211307j:plain

 

 

 

 

 

 

                  ⛄